Web担当者の力

Date : category :

Web担当者Forumの「有能なWeb担当者なくして、企業Webサイトの成功なし! ネットビジネスを統括するのはWebマスターと心得よ」を読んで、私も普段からWeb担当者の重要性についてよく考えるため、ブログに思うことを書いてみようと思いました。

Webサイトを成功させるには、もちろんWebのプロとして信頼できるWeb制作者(制作会社)にお願いすることも重要だと思っています。どんな会社にお願いするかで、サイトの構成や、ソースの質、デザインの質が変わってくるからです。
ただ、制作会社の力だけではサイトの成功は難しいです。

熱意のある、そしてWebの勉強をすることができるWeb担当者が社内にいて、中から自社のWebサイトを成功させるぞという意思を持って運営することのほうがはるかに力としては大きい気がしています。

昔のWebサイトは看板代わりや名刺代わりで、紙の会社概要のパンフレットに載っているものをベースに作られたりと、変化のないサイトが多かったように思います。しかし、何か知りたければまずWebで情報を調べるのが当たり前になった今では、企業におけるWebサイトの役割が重要なものになってきているはずです。

ユーザーはWebサイトを見ればその会社がどんな会社なのかちゃんと知ることができて当然である、新しい事業などもサイトに行けば発表されていて情報が得られるはずである、と思ってサイトを訪れていることでしょう。
顧客と企業や店舗との最初の接点がWeb上である場合も多く、マーケティングの視点を持ってサイトを制作しなければいけなくなっています。これは外部だけの力では難しく、Web担当者の協力なしにはなかなか上手くいきません。
Web担当者とWeb制作者が、Webをどうすれば成功に導けるか、一緒になって考え、手を加えて成長させていくことで、よいサイトになっていくのだと思っています。

サイトは作ってからがスタートとよく言われますが、アクセス解析やヒートマップなどを見ながらユーザーはサイトをどう使っているのか、どう変えればもっとよくなるのかという改善も、社内でもっとサイトを良くしようという意思を持って行うことでよりプラスに働くのではないかと思っています。

もちろん、私たちWeb制作者も熱意のあるWeb担当者さんの要望に応えるためによいサイト制作について学ばなければいけません。
そしてまだWebについて無知な方にも、Webをどう活かしていくかWebをもっと理解してもらってせっかくのWebサイトを活用してもらえるように、ノウハウを伝え、多くの会社のサイトがもっと活かされるようにと活動しなければいけないと思っています。