フリーランスWebデザイナーでもユーザーテストが簡単に導入できる「ユーザテストExpress」

Date : category :

今日はユーザーテストツール「ユーザテストExpress」が体験できるセミナーに参加してきました。
ユーザーテストは大切!と思っていてもフリーランスで活動していると、テスト環境を作ったり、参加者を集めたりするのはハードルが高くてなかなか導入できないのが現実です。

オンラインでテストできるツールがあるというのは前から知っていたのですが、いきなりお客様のサイトで知らないツールを導入するというのも難しく、ハンズオンを交えながらツールを体験できるというので参加してきました。

「ユーザテストExpress」ってどういうもの?

ユーザーテストexpress

ユーザーテストを1人に対しなんと5,000円で実施できるオンラインサービスです。
テスト実施後は動画を見ることができ、さらに5,000円追加で分析も行ってくれるそうです。また、テストユーザー探しも時間をかけずに行うことができるとのことです。

実際セミナー中にも一緒にセミナーを受けた方のテストに、テストユーザー候補者の方が追加されたり、本当に短時間で集まるんだと実感できました。

タスクは過去のテストを元にした中から抽出されるそうで(パターンがあるそうで)、細かいタスクの調査よりはサイト全体に対する調査に向いているのかなと思いました。
ただ、タスク設計を行うのも大変なので、URLを入力するだけでタスクも考えてくれるのは、一般的なテストを実施するうえではかなり助かるのではないかと思います。

テストユーザーはリテラシーが高めの方が多く、テストユーザー選びもしばりのゆるい条件のほうが集まりやすいということで、それに合ったサイトのテストに利用すると良さそうです。

お金と時間がかかりそうなユーザーテストもオンラインで手軽に安くできるとなるとお客様にもご提案しやすいので助かるなぁと思いました。

ユーザーテストについては

ひとりのテストユーザーからデータを集めるだけで、得られる洞察の数は跳ね上がり、デザインのユーザビリティに関して知っておくべき洞察のうち、ほぼ1/3を学んだことになる。たとえわずかなデータでも、ゼロとの間には驚くべき違いがある。
https://u-site.jp/alertbox/20000319

とニールセン博士も博士も言っていますし、ゼロよりはひとりに対してでも実施して「驚くべき違い」をぜひ得たいものだと思いました。